こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

新着情報

こんぶネットの新着情報をはじめ、ニュースリリース情報や、イベント・キャンペーン等の最新情報などをアナウンスしています。

ふわふわ蒸し餡掛け

海田敏恵昆布大使(長崎県)

 

 

材料
・卵 1個
・絹ごし豆腐 150g
・出汁を取った後の昆布 約4cm×4cm

・昆布水 150cc
・片栗粉 小さじ1
・昆布醤油(醤油に昆布を入れた物) 大さじ1
・海老(背わたを取り半分にスライス) 2尾
・菜の花(軽く茹でておく) 4本

 

作り方
①昆布を細かく切っておく。
②お豆潰したお豆腐に卵を割り入れ、さらによく混ぜる。
③潰したお豆腐に卵を割り入れ、さらによく混ぜる。
④よく混ざったところに、細かく切った昆布を入れて均一になるよう混ぜる。
⑤均一になったら、お茶碗などの耐熱容器に入れラップをかけ600w 1分レンジでチン
⑥様子を見ながら30秒ずつ追加でレンジでチンする。
⑦餡を作る。
餡の材料を全て合わせて、とろみがつくまで火にかける
⑧出来た蒸し物を別皿にカパッと移し、あんをかけてネギを散らせば完成。

※レンジで簡単に出来て、昆布のお出汁が美味しい蒸し物に出来上がります♪

 

昆布講座

ノザワエミ昆布大使(福岡県)

 

9月8日に福岡市南区東花畑校区において、
男女共同参画協議会事業の講師として招かれ、昆布講座を実施いたしました。

講座の内容は以下の通りです。

 

・昆布の種類と選び方
・昆布の効能
・味覚について
・五味について
・だしの取り方
・だしの飲み比べ(利尻・日高・羅臼・真昆布)
・だし殻活用法
・昆布料理試食タイム

参加者は約40名。
40代~80代(50~60代中心)の女性を中心にたくさんの方にご参加いただきました。毎日の生活に昆布を取り入れておられる方も多く、参加者からの情報も交えながら終始、和気あいあいと楽しい雰囲気で講座を行うことができました。

特に水出しの出汁の試飲やだし殻活用法、昆布料理試食タイムが盛り上がり、皆さん熱心に質問され充実した時間を過ごしていただくことができました。


カットされていない長~い昆布にはみんなびっくり!
興味津々で見入っていました。
現物を見せることの大切さを改めて感じました。

昆布に関する「わぁ!スゴイ!美味しい!」という小さな感動を、これからも子どもたちを中心に届けていけたらと思っています。

ジャパンハーヴェスト2018に出展!

11月3日(土)~4日(日)に東京・丸の内仲通りで開催された、
食と農林漁業の祭典「ジャパンハーヴェスト2018」
丸の内農園(農林水産省主催)に昨年に引き続き出展しました。

丸の内農園とは、日本の農業や農林水産物、食文化等を、
親子で学び楽しめる空間。
誰もが楽しみながら、日本の食文化や国産農林水産物への理解を
深めることを目的に開催されたイベントです。

 

ジャパンハーヴェスト2018「丸の内農園」

tabeyo-kokusan.jp/japan-harvest2018/

日本昆布協会が出展した「和食文化体験コーナー」では、スタンプラリーを行い、当協会、 (株)にんべん、マルコメ(株)、(株)伊藤園、(一社)和食文化国民会議が、それぞれ和食のベースである昆布だし、鰹だし、数種類の味噌、昆布と鰹節の合わせだしの味噌汁を提供し順に味わっていただきました。

 

当協会のブースでは、昆布大使さんにお手伝い頂き、昆布(利尻・羅臼・真・日高・長昆布)の展示や,真昆布のだしの試飲、昆布を使ったレシピブックの配布などを行いました。

    

全体の来場者数は約13万人、

当協会のブースには土曜日、晴天にも恵まれ2550人、日曜日、時折雨が降る肌寒い天気でしたが2400人の方にお立ち寄りいただきました。

試飲された方からは、「おいしい」「ほっとする」
「昆布だけでこんなにうま味がでるの?」などの声が聞かれました。
また、隣のブースのにんべんさんと協力し、

昆布と鰹節の合わせだしも味わっていただき、その相乗効果を実感いただき好評でした。

  

2日間のブース出展では、

『吹田商店』吹田社長、『山三商事』大代さん、
9名の関東在住の昆布大使さんにPRを担当していただきました。

3日:コンブリアン唯さん、曽布川優子さん、稲葉奈緒美さん、仁美さん、蒲澤章子さん、

4日:安達章子さん、久野美雪さん、橋本美祥子さん、蒲澤章子さん、林くみ子さん、

 

 

ご来場いただいた皆さまありがとうございました。
また、昆布大使さん、ご協力いただいた皆さま、

大変お世話になりありがとうございました。

 

昆布の日

2018.11.15

今日、11月15日は「昆布の日」です。
日本昆布協会では、毎年11月15日を「昆布の日」と決めています。

 

11月15日といえば、「七五三」の日ですね。
栄養豊富な昆布を食べる習慣をつけてもらうため、
子ども達の健やかな成長を祝う「七五三」の行事とあわせ、
また、新しい昆布が市場に出回る時期であることから、
1982年に制定しました。

昆布食育教室(錦町小学校)

10月3日(水)安城市の錦町小学校で
昆布食育教室を開催しました。

場所:安城市立錦町小学校
参加者:5年生の児童91名
時間:10:40~12:00

 

3-4時限目の授業として体育館で5年生の学年全体で行いました。

 

まずは、「昆布のおはなし」
ヤマヒコ株式会社の高澤さんが
クイズを交えながら楽しくお話ししてくださいました。

 

・(昆布とわかめ)どちらが昆布でしょうか?
・昆布が採れるのはいつでしょうか?
・昆布の長さはどのくらいでしょうか?

など、みんな積極的に考えて回答してくれました。
だし昆布の試食をしてもらったところ
大人気でびっくり。
用意しただし昆布はすっかり完食してもらいました。

 

また、利き昆布では
「羅臼昆布」「利尻昆布」「日高昆布」の3種類の昆布で

とっただしの色や味の違いを試飲してもらいました。

苦手な子もいましたが、多くの皆さんが
昆布の味の違いにびっくりしたようでした。

 

後半は昆布大使の森山栄子さんによる
出しの取り方のデモンストレーションと出しの試飲タイム。

 

 

出しの取り方デモでは、
各クラス1名ずつにお手伝いしてもらって合わせだしを採りました。

 

思ったより簡単だと感じてもらったようで、よかったです。

 

出しの試飲は、3種類。

水+味噌
昆布だし+味噌
合わせだし+味噌
を飲み比べてもらいました。

 

 

だしのあるなしで美味しさが違う!
ということが体感してもらえたようです。

 

最後に折昆布の長さ当てクイズの結果をみんなで確認しました。

 

 

アンケートからは
・味を当てるクイズが楽しかった
・みそ汁の飲み比べで意見を出し合えた
・昆布の生産地がほぼ北海道だという事が分かった
・昆布には種類があり、味がそれぞれ違う事がわかった
・昆布にはうま味である白い粉がついている

といった児童のみなさんからの声をいただきました。

 

お土産にはおやつ昆布とだし昆布を用意しました。

錦町小学校のみなさん、ありがとうございました。

 

当日準備いただいた先生方には本当にお世話になりました。