こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

新着情報

こんぶネットの新着情報をはじめ、ニュースリリース情報や、イベント・キャンペーン等の最新情報などをアナウンスしています。

2019年1月

塩釜に昆布でうま味たっぷり!

2019.1.28
稲葉奈緒美昆布大使/フードアナリスト認定講師、だしソムリエ認定講師、食育インストラクター
 
1_2

<材料>
お好みの白身魚、鶏肉、豚肉、牛肉、野菜
 

<作り方>
 
1.塩1㎏に対して卵白1個分をまぜあわせて塩釜つくる。
 
2.水で戻した昆布の中央に具材をのせて包む。
 
3.耐熱皿の上に塩釜の塩を引き、その上に昆布で包んだ具材をのせ、さらに上から塩をのせてしっかり包みこむ。
 
4.180~200℃に余熱したオーブンで約20分焼いて出来上がり。
 
5.塩釜の上に布巾をかぶせて金槌等で周囲を叩き塩釜を開いて具材を取り出していただく。
 

<ワンポイント>

※具材に味付けをせずに焼き上げ、お好みに合わせていただくのがおすすめ。

「よろこんぶサポーター」更新しました

2019.1.27

昆布検定』に合格された皆様、おめでとうございます!
「よろこんぶサポーター」を更新しました。

 

 

『昆布検定』は、どなたでも、いつでも受験可能です。
『昆布検定』に合格された皆様を「よろこんぶサポーター」として
毎月25日頃発表させていただいています。

おいしいだしをとってみよう!お料理体験♪お雑煮&おせちにプラス

辻井よしみ昆布大使(兵庫県

 

2018年12月15日(土)、「こころの再生」府民運動推進イベント
小学生一日課外アカデミーが大阪ガスハグミュージアムにて開催されました。

 

共催:大阪府教育庁、サンケイリビング小学生新聞
特別協力:大阪ガス
協力:日本昆布協会、翁水産(株)

 

イベントの担当講師を昆布大使としてかかわらせて頂きました。

昆布と鰹節で”だし”を取って大阪産野菜をとりいれたお雑煮を作りました。
お節料理は多くの種類が有りますが、その中で3種類、
『松風焼き』『昆布巻き2種』『栗きんとん』を作りました。

『松風焼き』では、鶏ミンチに、お雑煮を作る為にとった”真昆布のだし”の昆布をペーストにして利用し、又、日本原木産の乾し椎茸もペーストにして一緒に練りこみました。これで、グルタミン酸(昆布)・イノシン酸(鰹節)・グアニル酸(乾し椎茸)がそろいました。うま味の相乗効果で薄味でもとても美味しく仕上がりました。素材を無駄にしないことを知ってほしいという考えが伝われば嬉しいです。

 

昆布巻きは、ニシン・鮭などが良く売られているのを見られますが、
うす揚げの昆布巻きと下味をつけた豚肉の2種類の昆布巻きを作りました。

栗きんとんも、さつま芋が持つ本来の甘味を引き出したかったので甘味の味付けはシンプルにしました。

 

今回のイベントで何よりも驚いたのは子供たちの短時間での吸収力の素晴らしさ!
初めて調理の低学年のお子様でも、少し手を添えて見せてあげたら、
すぐに吸収してできるようになりました。「なんて子供って素晴らしい!」
このような経験が日々の生活に役に立ってくれるであろうことを実感しました。

ご協力頂いた関係者各位、お手伝い頂いた皆様、本当にお世話になりありがとうございました。

 

とろろ昆布をプラス

山田恵美昆布大使(滋賀県)

 

こんにちは。
昆布大使になって、はや一年。最後のレポートになりました。

こども達と昆布を楽しんだ1年となり、いつの間にか昆布のおやつは我が家の定番に!美味しく栄養も取れる、昆布に感謝です。

 

この一年、様々な昆布商品に触れてきましたが、やはり私が一番好きで、何にでも入れれるのは『とろろ昆布』でした。おにぎりに、うどんに、お吸い物には定番ですが、ちょっとアクセントにお料理に入れたりと手軽に使えます。

 

 

今回は私が住む近江八幡市の名物である丁子麩のからしあえに入れてみました。

半分に切り水にもどし堅く絞った丁子麩ときゅうり、かまぼこをからし酢味噌であえ、そこにとろろ昆布を。とろろ昆布を入れるだけで、ぐっと味が引き締まります。

からしが入っているので、大人向けにお酒のお供にピッタリでした!

シリーズ「昆布はどこへ行く」

松田真枝昆布大使(北海道)

雑誌dancyuのweb版が昨年11月に立ちあがり、出演が決まりました。
北海道のいろいろな生産物、生産者を20年に渡り発信してきた
料理家であることと、昆布大使であることでお声掛けいただきました。

web dancyu シリーズ「昆布はどこへ行く」は、2部構成です。
後半は1月中旬のアップです。
よかったらご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

web dancyu

冷製パスタ

日比野朱美昆布大使(岐阜県)

 

※2018年、夏のレポートです。
夏になると「多治見市」とニュースで聞かれると思いますが 本当に暑いです。
38℃を越えるとゆるキャラ うながっばが登場します。うながっばもこの暑さ大変だな~

 

 

こんな暑い日が続くと食欲がなくなりますよね。のど越しの良い冷たい物が一番 でも
そうめんばかりでは飽きてしまうし~
そこで 昆布だしを使って冷製バスタ お勧めです。
凍らせたトマトをすりおろして最後に乗せるとトマトの甘みもしつかりと感じ
冷たくて美味しいです。

 

 

生ハム、トマト、レタスの冷製パスタ

材料
トマト 1個   昆布だし 大さじ3
カッペリーニ 240g   薄口醤油 小さじ2
レタス 2枚   レモン汁 大さじ2
玉ねぎ 1/4個   ブラックペッパー 少々
生ハム 40g   塩    適量
オリーブオイル 大さじ2   カイワレ等  適量

① トマトを湯剝きし、ラップに包み冷凍庫へ入れる。
② レタスは千切りにする。

玉ねぎは薄くスライスし水にさらし、 生ハムも食べやすい大きさに切る。
③ ボールに、オリーブオイル 昆布だし 薄口醤油 レモン汁 塩少々入れて混ぜ合わせる 。
④ ③に レタス 生ハム よく水気を切った玉ねぎを入れて混ぜる。
⑤ たっぷりのお湯を沸かして1%の塩を入れ、パスタを表示時間茹でる。
⑥ ⑤をザルにあけて冷水でしめる。
⑦ ⑥の水気をしっかり切り、④に入れよく混ぜ盛り付ける。
凍った①をすりおろして⑦にかける。カイワレ等で飾る。

昆布もち麦の参鶏湯

海田敏恵昆布大使(長崎県)

 


・もち麦の参鶏湯
・豆腐南蛮
・ナスのムース
・ナスの皮のきんぴら
・ミニトマトマリネ
・もちもち焼きドーナツ

昆布を使ったメニューは、もち麦の参鶏湯とミニトマトマリネと、昆布に見立てたなすの皮のきんぴらです。この中でもち麦の参鶏湯をレポートします。

 

昆布もち麦の参鶏湯

材料
・鶏手羽元 6本
・塩 小さじ1/3
・もち麦 大さじ2
・長ネギ 1/2本
・昆布水 400cc
・酒 大さじ1
・生姜チューブ 小さじ1
・にんにくチューブ 小さじ1
・鶏ガラスープ粉末 小さじ2
・ごま油 大さじ1/2
・クコの実 適量
・松の実 適量

 

作り方
①鶏手羽元は塩を揉みこんでおく。
②長ネギはうす切りの小口切りにしておく。
③炊飯器に、もち麦、長ネギ、昆布水、生姜、ニンニク、鶏ガラスープ、ごま油を入れてよく混ぜる。
④③の上に①の鶏を乗せて、クコの実、松の実を入れて、炊飯器にで普通に炊いて出来上がり。

※昆布と鶏の旨みが凝縮されてとても美味しい参鶏湯が簡単に出来上がります♪

肉豆腐と牛丼とすき焼き

日比野朱美昆布大使(岐阜県)

 

最近トマトすき焼き人気ですよね。トマトすき焼きの素までスーパーに並んでいます。
私はまだ一度もトマトすき焼きを試した事がありませんが。
トマトのうま味成分グルタミン酸とお肉のうま味成分イノシン酸の相乗効果で美味しいすき焼きができるって事ですよね。
私は肉豆腐にも牛丼にも、もちろんすき焼きにも昆布だしを使います。
これってトマトすき焼きと同じうま味成分って事になりますよね。
昆布だしのうまみグルタミン酸をたっぷりと使った我が家の肉豆腐&牛丼&すき焼き、すごく美味しいです。

トマトの酸味はありませんが・・・赤ワインを少し入れて大人の味に仕上げています。
一度、トマトすき焼きも試してみたいとは思っております。

 

 

肉豆腐

<材料>
牛肉   150g こぼう  20g
木綿豆腐 1丁 赤ワイン 大さじ2
昆布だし 350cc 砂糖  大さじ1
ねぎ  1本 醤油  大さじ3
糸こんにゃく 適量 みりん  大さじ2

 

① 牛肉を3㎝くらいに切り熱湯にサッとくぐらせ湯通しをしてザルにとる。
② 長ねぎはななめ薄切り、豆腐はペーパータオルで包んで水気をふき 8等分に切る。
③ ごぼうはささがきに切り、水にさらし、水気を取る。
④ 鍋にだしと調味料を入れて火にかけ、沸いたら牛肉を入れて中火で4~5分煮る。このときアクをしっかり取って下さい。

⑤ こぼう・ねぎ・豆腐を入れて弱火で7~8分煮たら、一度火を止めて冷まし、もう一度温めて器に盛りつける。

昆布出汁入り簡単トマトソース

2019.1.7
嶌田佳小里昆布大使

1


<材料>
 
玉ねぎ:半分
ニンニク:一株
ピーマン:四つ
トマト缶:一つ
オリーブオイル:適量
塩胡椒:適量
ソース(市販のソース)
砂糖:適量
昆布だし:200cc

<作り方>

1.玉ねぎ、ニンニクを処理。
玉ねぎは半分の半分をスライスとみじん切りに分けておく。
ニンニクはみじん切りにする。
ピーマンはみじん切りにする。
 
2.オリーブオイルをひいたフライパンを熱し、上記を炒める。
   さらに、塩胡椒を加えて、炒める。
 
3.トマト缶、昆布出汁を更に加えてグラグラ煮込む。
 
4.トマトソースにソースと砂糖を味見しながら入れる。
この部分は味の好みで変更する。