こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

新着情報

こんぶネットの新着情報をはじめ、ニュースリリース情報や、イベント・キャンペーン等の最新情報などをアナウンスしています。

昆布セミナー

海田敏恵昆布大使(長崎県)

 

11月15日は昆布の日。
昨年のことですが、昆布の日に合わせて、西日本昆布協会と昆布大使による昆布セミナーが福岡で開催しました。

テーマは<UMAMI・ラボ>
日本食には欠かせない、そして今や世界の美食家達を虜にするUMAMIの魅力をとことん探るセミナーでした!

 

沢山の参加者で午前と午後の部に分かれていて、内容は

 

・昆布の種類を食べ比べ

 

 

・出汁の科学と出汁飲み比べ

 

・お出汁の取り方レッスン

 

・試食(昆布で炊いたご飯のおにぎり、すまし汁、昆布とトマトの旨味相乗効果サラダ、昆布佃煮)
企業の方からの昆布の話や、昆布の食べ比べや昆布クイズ、昆布大使によるお出汁の取り方レッスン等、
取り立てのお出汁を飲んで参加者の皆さん「美味しい~!」を連発でした。

 

昆布について学べ昆布の美味しさを知れたセミナーになったと思います。

参加者の皆さんには、九州昆布企業から昆布商品の品々が準備してありお持ち帰り頂きました。

まずはおやつから

山田恵美昆布大使(滋賀県)

 

こんにちは。
先日、北海道のお土産に北海道産の昆布を100%使用したお菓子を頂きました。

 

 

食べてみると優しいホタテ風味のカリカリのポテトとパリパリの昆布が絶妙で、
噛めば噛むほど美味しいうま味が?
この組み合わせは意外でしたが、カリカリパリパリの食感がよく、おつまみに最高です。

本当に美味しいので、近場で購入出来ないかとリサーチしたところ、こちらは北海道限定商品でした。
しかし、ネットでお取り寄せが出来るようです。お取り寄せしたい~

料理に昆布をあまり使わないなぁ、という方もおやつやおつまみだと取り入れやすいですよね。
まずは、おやつやおつまみから!昆布生活はじめてみませんか。

根菜のチャウダー

佐藤由佳子昆布大使(東京都)

 

皆さま、こんにちは。
今回は、これからの季節にぴったりのチャウダーのご紹介です。

材料は全て植物性ですので、ベジタリアン、ビーガンの方はもちろん、
グルテンやラクトースフリーでもありますので、アレルギーの方にもオススメです。

 

 

<レシピ>

【材料(約4人分)】

ごぼう (薄切り)          50g

れんこん(食べやすい大きさに薄切り) 50g

玉ねぎ (薄切り)          200g

エリンギ(1.5センチ角)       100g

しめじ (1.5センチ長さ)      100g

さつま芋(1.5センチ角)       100g

米粉                 90g

油(お好みのもの)          大さじ2~3

自然塩                適量

昆布出汁               6カップ

パセリのみじん切り          適宜

 

【作り方】

1)鍋に油を熱し、ごぼう、れんこん、玉ねぎ、きのこ類、さつま芋を順に加えてを炒める。

2)火を止めて米粉をふり入れ、全体がぽろぽろしてくるまで混ぜる。

3)2)に昆布出汁を加えて、米粉を溶かすように混ぜる。

4)再び火にかけ、とろみが出るまで、かき混ぜながら煮る。

5)野菜が柔らかくなったら塩を入れて、更に2~3分煮てから火を止める。

器に盛り、好みでパセリをのせる。

昆布を使った簡単、家計に優しい家庭料理

辻井よしみ昆布大使(兵庫県)

 

自然災害の多かった1年。

皆様それぞれにご苦労が多かったことと存じます。
月日が経つのが本当に早くて最終レポートとなりました。
昆布大使として、1年間色々と学びの多い年でした。
人生の中で、今年くらい、昆布を見たのは 初!
色々と見学・勉強させていただき貴重な体験できた事、
又その都度ご協力頂いた関係者の皆様心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

真昆布の漁師の方々が、ここ2,3年の昆布の漁について、何かがおかしい!海の中がおかしい!と言われてたことを、今回の北海道胆振東部地震で思い出しました。
阪神淡路大震災の時もそうでしたが、海の中で何かがおこっている?と漁師さんは言われてました。
自然は私達に何かを教えてくれている事を痛感いたしました。
そして自然の恵みを頂けることに感謝しながら、昆布を使った簡単で、家計に優しい家庭料理 2点ご紹介します。

 

【昆布を使って栄養「かさましパスタ」】

 

〈材料 ・作り方〉
パスタ 細 100g を 熱湯1Lに自然塩 小匙1 を入れ、お好みの硬さまでゆでる。
フライパンに 大蒜1/2片と鷹の爪1/3本の薄切りをオリーブオイルで香りが出るまで弱火で炒め取り出します。
出汁取り後の昆布適量(今回は羅臼)と人参少々を細切りにして、
しめじ を入れ炒め昆布だし 50cc 薄口醤油で味付けし、パスタを戻し入れ出来上がり!
歯ごたえがシャキッと感じられるボリューム満点のパスタです。

 

【鶏ハム (刻み昆布とハーブコラボ)】

 

〈材料・作り方〉
鶏むね肉 1枚を観音開き自然、塩を両面にして冷蔵庫で2~3時間ねかせます。
水気をキッチンペーパーで取ります。
片面(内側)に塩・胡椒・ハーブ(お好み)の適量と今回はバジルペースト(自家製)大匙1をぬり、
出汁取り後の昆布を刻み、昆布をその上に全体に敷き詰め、ラップでツルッとした面(観音開きの外側)が表面になるようにして巻きます。
ラップの両端をキチンと閉じて鍋にたっぷりの熱湯を沸かし、鶏肉を入れ(途中ひっくり返す)再び沸騰したら火を止めて、約30分鍋の中に置いておく。
その後、取り出して粗熱が取れたら冷蔵庫へ、冷えてから切る。

鶏ハムの出来上がり塩分はお好みで!
サラダのトッピングや残ったら冷凍して、炒飯の具材として色々使えます。

昆布の色の冷ややっこ

コンブリアン唯昆布大使(東京都)

 

ダイエットしたい時、糖質量を減らしたい時、マクロビの方などなどが貴重なたんぱく質源としているのが『お豆腐』ですね。
今回は、冷ややっこでありますが、あまり食べたことないような新感覚の冷ややっこに挑戦したいと考えて、やってみました。

 

 

〈材料〉
絹豆腐 1パック
昆布粉 適量
いぶりがっこ 5切れ
ひじきのふりかけ 少々

〈作り方〉
いぶりがっこは細かく刻んでおきます。
お皿に豆腐を乗っけます。
豆腐の上に、昆布の粉を振りかける。茶こしを使うときれいにかかります。
刻んだいぶりがっことひじきのふりかけをかけて完成。

あじつけはお醤油が合いますよ!

お豆腐のたんぱく質量は、絹<木綿<焼き<高野豆腐の順に多く含まれます。
水分の多さに比例していますね。
今回のレシピは絹豆腐ですが、豆腐の水分で昆布もしっとりして味が馴染みやすくなり、ぱさぱさしないので食べやすいですよ。

ダイエットチアラーの、コンブリアン唯でした。
本日もありがとうございます。