こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

こんぶレシピ

昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!

湯豆腐~とろろ昆布入り~

菊間恵子昆布大使/アクティブ野菜ソムリエ、ベジフルビューティーアドバイザー

湯豆腐~とろろ昆布入り~

201509_0701

<材料(2人分)>

・絹豆腐:1丁(300g)
・昆布水:お鍋の2/3位まで注いで下さい。
・とろろ昆布:適量
・塩:少々

[薬味]
・細ネギ 小口切り
・ショウガ 皮ごとすりおろす。

[薬味A]
・すり白ゴマ
・梅干(梅肉)

白ゴマ(炒り)は、食べる直前にすると香りが引き立ちます。
梅干は、種を除き包丁で軽くたたいておきます。
すり白ゴマと梅干(梅肉)の割合は、2 :1でよく混ぜ合わせます。
梅干の塩味、酸味などにより割合は調整下さい。

[薬味B]
・花がつお
・醤油
花がつおと醤油を合わせます。

<作り方>

★昆布水
ピッチャーなどに水(軟水)1ℓを注ぎ、昆布10~15gを入れて1晩(10時間位)冷蔵庫で寝かせます。昆布水には、利尻昆布、羅臼昆布、真昆布がおすすめです。

1. 鍋に昆布(昆布水で使用したもの)を敷き、昆布水を注ぎ、塩を少々入れ火にかけます。煮立ってきたら、四角に切った絹豆腐を入れ静かに煮ます。

2. 泡が少し出てきたら、とろろ昆布を加えて出来上がりです。
ネギ、ショウガ、ゴマなどのお好みの薬味で召し上がって下さい。おすすめの薬味は「すり白ゴマと梅干(梅肉)」の組み合わせです。

ワンポイント

・塩を少々入れることで、お豆腐がかたくなるのを防ぎます。
・湯豆腐にとろろ昆布を入れると、とろけるような口あたりと昆布のW(ダブル)の旨味が楽しめます。

こちらもおすすめ〜みんなのオリジナル昆布レシピを試してみてね♪