こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

こんぶレシピ

昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!

【だし昆布を使ったちょい足しレシピ】はさみこんぶのミルフィーユ

「昆布を使ったちょい足しレシピ募集」
第3回:だし昆布を使ったちょい足しレシピ 優秀作品

Mark
はさみこんぶのミルフィーユ(レシピ考案:さよりさん)

1
昆布のだしがしっかりきいていて、塩分ひかえめなのにおいしい!  お正月に残った切り餅と冬野菜の白菜を組み合わせたヘルシーな一品です

(料理時間:約10分)

Otama_3材料と分量(1人分)

白菜:1枚、切り餅:1個、昆布(5×10cm):1枚、にんじん(飾り用):適宜、塩:1g、水:200ml、片栗粉:小さじ1、水:小さじ1

Otama_3作り方

1. 昆布は小鍋に入れ、水200mlを加えて30分以上おく。

2. 切り餅は厚さを1/2にする。

3. 1.の昆布を取り出し、切り餅より少し大きくなるように切りそろえる。白菜も同様の大きさに切る。にんじんは好みの形に型抜きしする。

4. 1.の小鍋ににんじんを入れて火にかける。煮立ったら3.の昆布、白菜、2.の切り餅の順に繰り返し重ねて入れていき、1番上が白菜になるようにする。

5. 塩で味付けをしてフタをし、弱火で5分ほど煮る。

6. 切り餅が柔らかくなったら器に盛り付け、再び残りのだしを沸かして上にかけたらできあがり!

Line

工夫した点・おすすめポイント
昆布のお出汁をしっかりとっているので、少ない塩分でも満足感が得られます。とろっとした切り餅が昆布と白菜をつなぎ合わせてくれ、とても食べやすいです。お正月に残りがちな切り餅と冬野菜の白菜を組み合わせ、昆布のおだしでやさしい味に仕上がげました。我が家では、ごちそう疲れのお正月明けに定番の1品です。お餅を2個に増やせば和風ワンプレートメニューとして1食まかなえる万能選手です!(レシピ考案:さよりさん)

こちらもおすすめ〜みんなのオリジナル昆布レシピを試してみてね♪