こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

こんぶレシピ

昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!

里芋と昆布と鶏そぼろの煮物☆肉厚の昆布がとろみでおいしさアップ!

こんぶろぐのライターフェンネルさんのレシピをご紹介します。
記事はこんぶろぐを見てね!

Cimg3230

<材料>
(4人分)
 
里芋:15個(赤芽ものをお勧めします。早く火が通ります。)、塩:小さじ2、鶏ミンチ:180g、乾燥昆布10cm角:1枚(肉厚の物を戻して5mm角の色紙切りにする)、酒:60cc、昆布だし:2カップ、みりん:大さじ2、しょう油:大さじ3、

<作り方>

1. 里芋はよく洗って、泥を落とし、乾かしてから皮をむく。

2. ボウルに里芋を入れて塩をふり、手で転がし、ぬめりを出す。

3. 2.である程度ぬめりがでたら、水で洗う。
(このときぬめりを全部取る必要はない。残りのぬめりがおいしさになる。)

4. 圧手の鍋(ホウロウや多重構造の金属鍋等)に鶏ミンチと酒を入れて、弱火にかけ、鶏ミンチをほぐしながら煮る。

5. 4.のミンチの色が変わったら、里芋と昆布、昆布だしを入れてフタをし、弱火で煮る。

6. 里芋にすうっと竹串が通るようになったら、みりん、しょう油を加え、フタを取ってさら
にひと煮立ちさせる。だし汁が減り、交ぜてみてとろみがでてきたら出来上がり。

ゆっくり煮ることで肉厚の昆布がやわらかくなり、里芋からでるとろみでのどごしが
よく、寒い冬にほっこりする一品です。

我が家の子供たちの人気メニューです。
冷めてもおいしく、お弁当のおかずにもなるのでいつも多めにつくります。

こちらもおすすめ〜みんなのオリジナル昆布レシピを試してみてね♪