こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

新着情報

こんぶネットの新着情報をはじめ、ニュースリリース情報や、イベント・キャンペーン等の最新情報などをアナウンスしています。

昆布大使レポート

昆布を使った簡単、家計に優しい家庭料理

辻井よしみ昆布大使(兵庫県)

 

自然災害の多かった1年。

皆様それぞれにご苦労が多かったことと存じます。
月日が経つのが本当に早くて最終レポートとなりました。
昆布大使として、1年間色々と学びの多い年でした。
人生の中で、今年くらい、昆布を見たのは 初!
色々と見学・勉強させていただき貴重な体験できた事、
又その都度ご協力頂いた関係者の皆様心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

真昆布の漁師の方々が、ここ2,3年の昆布の漁について、何かがおかしい!海の中がおかしい!と言われてたことを、今回の北海道胆振東部地震で思い出しました。
阪神淡路大震災の時もそうでしたが、海の中で何かがおこっている?と漁師さんは言われてました。
自然は私達に何かを教えてくれている事を痛感いたしました。
そして自然の恵みを頂けることに感謝しながら、昆布を使った簡単で、家計に優しい家庭料理 2点ご紹介します。

 

【昆布を使って栄養「かさましパスタ」】

 

〈材料 ・作り方〉
パスタ 細 100g を 熱湯1Lに自然塩 小匙1 を入れ、お好みの硬さまでゆでる。
フライパンに 大蒜1/2片と鷹の爪1/3本の薄切りをオリーブオイルで香りが出るまで弱火で炒め取り出します。
出汁取り後の昆布適量(今回は羅臼)と人参少々を細切りにして、
しめじ を入れ炒め昆布だし 50cc 薄口醤油で味付けし、パスタを戻し入れ出来上がり!
歯ごたえがシャキッと感じられるボリューム満点のパスタです。

 

【鶏ハム (刻み昆布とハーブコラボ)】

 

〈材料・作り方〉
鶏むね肉 1枚を観音開き自然、塩を両面にして冷蔵庫で2~3時間ねかせます。
水気をキッチンペーパーで取ります。
片面(内側)に塩・胡椒・ハーブ(お好み)の適量と今回はバジルペースト(自家製)大匙1をぬり、
出汁取り後の昆布を刻み、昆布をその上に全体に敷き詰め、ラップでツルッとした面(観音開きの外側)が表面になるようにして巻きます。
ラップの両端をキチンと閉じて鍋にたっぷりの熱湯を沸かし、鶏肉を入れ(途中ひっくり返す)再び沸騰したら火を止めて、約30分鍋の中に置いておく。
その後、取り出して粗熱が取れたら冷蔵庫へ、冷えてから切る。

鶏ハムの出来上がり塩分はお好みで!
サラダのトッピングや残ったら冷凍して、炒飯の具材として色々使えます。

昆布の色の冷ややっこ

コンブリアン唯昆布大使(東京都)

 

ダイエットしたい時、糖質量を減らしたい時、マクロビの方などなどが貴重なたんぱく質源としているのが『お豆腐』ですね。
今回は、冷ややっこでありますが、あまり食べたことないような新感覚の冷ややっこに挑戦したいと考えて、やってみました。

 

 

〈材料〉
絹豆腐 1パック
昆布粉 適量
いぶりがっこ 5切れ
ひじきのふりかけ 少々

〈作り方〉
いぶりがっこは細かく刻んでおきます。
お皿に豆腐を乗っけます。
豆腐の上に、昆布の粉を振りかける。茶こしを使うときれいにかかります。
刻んだいぶりがっことひじきのふりかけをかけて完成。

あじつけはお醤油が合いますよ!

お豆腐のたんぱく質量は、絹<木綿<焼き<高野豆腐の順に多く含まれます。
水分の多さに比例していますね。
今回のレシピは絹豆腐ですが、豆腐の水分で昆布もしっとりして味が馴染みやすくなり、ぱさぱさしないので食べやすいですよ。

ダイエットチアラーの、コンブリアン唯でした。
本日もありがとうございます。

昆布大使と会員企業の懇談会2018、 近茶流嗣家 柳原尚之氏講演会 開催

10月25日(木)に東京のKKRホテル東京にて昆布大使と会員企業の懇談会、講演会が開催されました。

今年の参加者は昆布大使さん21名、と会員企業の方60名の参加となりました。

まず、昆布大使さん同士での意見交換会と、会員企業の方の報告会とに別れそれぞれで会合しました。

昆布大使さんの意見交換会では自己紹介をしていただき、活動内容の報告などをしました。
皆さん、様々な形で昆布を広める活動をされていて、とても興味深いお話が聞けました。

     

そして、昆布大使さん、会員企業の方が集まり報告・講演会をしました。
(株)吹田商店 吹田社長の挨拶の後、会員企業と昆布大使の協力事例報告をしていただきました。

  

 

まず、(株)浪花昆布 小濱社長より昆布大使のさかもと萌美さんにカフェのメニュー、ポタージュのレシピ監修頂いた『ぐる×ぐる昆布カフェ』についてご紹介いただきました。
大変好評で、昆布のよいアピールになったそうです。

 

続いて、(株)宝亀商店 宝亀社長より西日本昆布協会と昆布大使さんとの協力事例の報告がありました。

報告会の後、近茶流嗣家 柳原尚之氏による講演会がありました。
『和食と昆布を世界に』をテーマにお話しいただきました。

  

後半の懇親会は会場を移して立食パーティとなりました。
皆さん和やかな雰囲気の中、昆布の話でもちきりです。

 

柳原先生にもパーティにお越し頂き、大変盛り上がった会となりました。

親子クッキング

海田 敏恵昆布大使(長崎県)

 

夏休み親子クッキングを開催しました。
昆布水の作り方から、昆布鰹だしのお出汁の取り方を子ども達にしっかりと伝え、
そのお出汁を使ったメニューを作りました。

 

親子クッキングメニュー
・お手軽タコライス
・美味しいお出汁を使った長芋のすり流しかき玉汁
・豆腐つくね照り焼き
・トマトと塩昆布のサラダ
・超簡単プリン
・揚げたて食べよう!ミニチーズハットグ

お出汁を取った後の昆布の活用方なども伝え、元気いっぱいの子どもたちと
楽しく親子クッキングをすることが出来ました。
この中で、長芋のすり流しかき玉汁をレポートします。

 

 

 

長芋のすり流しかき玉汁
材料
・長芋(すりおろす):50g
・卵:1個
・昆布鰹だし: 800cc
・料理酒 : 適量
・小ネギ:適量
・塩:適量
・薄口醤油:少々

 

作り方
①長芋を入れたボウルに卵を割り入れてよく混ぜ合わせる。
②鍋に昆布鰹だし料理酒、薄口醤油少々、塩適量を入れ火にかける。
③だしが沸騰したら、①の卵液を鍋の中心から外に向かって円を描くように細く流し込む。
ふんわりとしたらすぐに火を止めて器に注ぎ、小ネギを乗せて出来上がり。

 

※長芋のすり流しかき玉汁を作る際に、昆布鰹だしに、少しの薄口醤油と塩を入れて、子ども達に味見をさせると「美味しーい!」と次々と声が上がり、お出汁の美味しさに子ども達が感動していたのが印象的でした。
長芋のすり流しかき玉汁は、長芋が苦手と言われていたお母さんも、「卵とお出汁でこんな風にして食べると食べれますね!」と親子で喜ばられていて、次もまた参加したいですと言って頂き、嬉しく思いました。
トマトと塩昆布のサラダも大好評で、このクッキングで家庭でも昆布を活用してくれる人が増えてくれると良いなと思いました。

袋町小学校食育レポート

10月3日(水)広島市立袋町小学校で昆布食育教室を開催しました。

場所:広島市立袋町小学校
参加者:小学4年生と保護者 86名
時間:14:00~15:40

4年生のPTAの活動として行われ、
まずは、担当企業の上田昆布の上田社長から、広島と昆布の繋がりや
クイズを交えた昆布のお話をしていただきました。

 

「昆布はどこでとれるの?」
などのクイズには正解者も多く、
「昆布は好きですか?」の質問にも多くの手があがりました。
実物の折昆布や長昆布をみんなで触ったり、
匂いを嗅いだりしました。

 

 

昆布の試食タイムでは、おやつ昆布やとろろ昆布のふりかけなどを試食。
あっという間にお皿はが空っぽになっていました。

 

また、利き昆布では
「羅臼昆布」「利尻昆布」「真昆布」の3種類の昆布で
とっただしの色や味の違いを試飲してもらいました。
後半は昆布大使の大倉由美さんによる
出しの取り方のデモンストレーションと味噌汁の飲み比べ。

 

 

味噌汁の飲み比べでは味噌+白湯、味噌+昆布だし、味噌+昆布と鰹の合わせだしを試飲。
味の相乗効果の違い比べていただきました。

 

 

講座前に役員のみなさんが「昆布とツナの炊き込みご飯」を炊いて
おむすびにしてご用意頂きました。
「味付けが塩昆布だけで、こんなに美味しくできるの。
家でも作ってみます。」と嬉しい感想もいただきました。

 

 

袋町小学校のみなさま、
ご協力&ご参加いただきありがとうございました。

PTAの役員のみなさま、先生方
本当にお世話になりました!