こんぶネット 一般社団法人 日本昆布協会

こんぶレシピ

昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!

【こんぶdeパーティ】ワルモノ昆布大使のレシピ(1)

こんぶdeパーティ」は、昆布料理を作って食べて楽しむパーティ。「昆布大使」さんが、日本全国で開催中のホームパーティです。>> 詳細は こちら をご覧ください
そのパーティのレシピです。

Line

Recipe1 一の重~昆布な酒のつまみ
(小樽炊き、三升昆布といか刺し合え、キタアカリの昆布巻き)

2       

<小樽炊き>
Otama_3材料(5人分)
生干し身欠きにしん:2枚、笹竹の水煮:1袋、早煮昆布:2枚、だし汁:カップ1、合わせ調味料(白味噌:大さじ2、酒:大さじ1、砂糖:大さじ1、みりん:大さじ1、醤油:隠し味程度)

Otama_3作り方
1. 昆布は一度水で戻して結び昆布を作る。
2. 鍋にサラダ油を引き、水切りした笹竹を炒める。軽く火が通ったら、軽くぬるま湯で洗った身欠きにしんを大きめ一口大に切り、昆布を戻した時の水とだし汁・結び昆布を入れにしんに火が通るまで煮る。
3. 火が通ったら、合わせ調味料を入れて煮ふくめる。味が軽くしみたら火を止めて冷まして味をなじませる。

<三升昆布といか刺し合え>
Otama_3
材料(5人分)

三升昆布(佃煮):20~30グラム、イカ刺し:1パック

Otama_3作り方
イカ刺しと三升昆布を和えたら、できあがり!


<キタアカリの昆布巻き>
Otama_3
材料(5人分)

3キタアカリ:3個、日高昆布:4~5枚、かんぴょう:2本、だし汁:カップ4~5、酒:50cc、みりん:50cc、砂糖:大さじ5、しょうゆ:50cc

Otama_3作り方
1. 昆布は一度水で戻しておく。じゃがいもは皮をむいて、ラップで軽く包み電子レンジで半分くらい火を通す。
2. じゃがいもと昆布が人肌くらいに冷めたら、柔らかくなった昆布でじゃがいもを包みもどしたかんびょうでしばる。
3. 炊飯器の内釜にすきまができないように並べ、だし汁・調味料をすべて入れて炊飯スイッチを押す。
4. 自然にスイッチが切れて保温になったら2~3時間そのまま保温しておいてより味をなじませる。(とろとろな昆布巻きが好きな人は、ここで一度汁ごと鍋に移して弱火でコトコト煮込む)

Line

Recipe2 二の重~彩り生春巻き(昆布風味チャーシュー入り)

4
Otama_3材料(5人分)
水菜、人参、ゆでえび、手作りチャーシュー、生春巻きの皮(ライスペーパー)
(以上全てお好みで)

Otama_3作り方
1. 水菜は食べやすい大きさに、人参は千切りにしておく。
2. チャーシューは食べやすい大きさに切っておく。
3. 生春巻きの皮(ライスペーパー)は食べる直前に皮を水で戻し、お好みの具を巻きスイートチリソースでいただく。

Line

Recipe3 三の重~新巻鮭と昆布の炊き込みご飯

2_6    
Otama_3材料(5人分)
きざみ昆布(乾燥):約10グラム、新巻鮭:2切れ、米:3合、酒:大さじ2、昆布茶:大さじ1、昆布だし(粉末):適量、白ごま、しその葉:5枚

Otama_3作り方
1. 鮭はグリルで焼き、骨と皮を取り身はほぐしておく。
2. 米はとぎ、分量より少し少なめな水加減にし、酒・昆布茶・昆布だし・きざみ昆布をいれよく混ぜ炊飯器で炊く。
3. 炊き上がったらその上にほぐした鮭をのせ、一度蓋をして蒸らしておく。しそは千切りにしておく。
4. すしおけなどにご飯を入れ、さっくりと混ぜ合わせたら、白ごまと千切りのしそを散らして飾る。

こちらもおすすめ〜みんなのオリジナル昆布レシピを試してみてね♪