2004年8月23日(月)料理研究家の奥薗壽子先生をお招きして、親子料理教室を実施しました。
昆布をもっと身近に感じてもらい、「おいしく、手軽な昆布料理」を教えていただきました。
参加した小学生は初めてお料理をする一年生から、お手伝いはお任せ!のちびっ子お母さんまで12人。奥薗先生ファンのお母さんも大張り切りで大いに盛り上がりました。
まずは、奥薗先生直伝で昆布の豆知識をレクチャーいただきました。
日ごろから昆布や乾物をたくさん召し上がっている奥薗先生だけあってとても知識は豊富。参加者も「へぇ〜!」の連発です。
軽快なおしゃべりを聞いているうちにあっという間に4品完成!
テレビや雑誌などでしかお目にかかれない奥薗先生に教えていただけるなんて本当にラッキーでした。
いつもマンネリ気味の我が家の献立に光が差したようです。
昆布はだしをとるイメージしかなかったのですがこれからはいろんな料理に活用したいと思います。
また「納豆昆布」など今まで知らなかった昆布にも会えてとてもうれしかったです。
これからもいろいろ積極的に試してみたいと思います。(松浦さん)
料理は苦手なのですが、「気負わず、楽しくすればいいんだ」という事を奥薗先生に教えてもらったような気がします。(杉山さん)
とても楽しく参加させていただきました。
まず奥園先生に生でお目にかかれたことが一番うれしかったです!!カメラを持っていくのを忘れて記念写真を撮っていただくことができなかったのが最大の心残り・・・・
動物性、植物性のうまみの話など目からうろこでした。実践してみようと思っています。
子供も最初はおせちの昆布をイメージしてあまり乗り気でなかったのですが、参加してみて「自分ひとりでもできそう」と、とても喜んでいました。
特にささみのところ焼きがお気に入りでした。(廣田さん)
普段あまりなじみのない昆布を利用したレシピ。
どれも簡単に作れた上、おいしかったです。特に「ささみのとろろ焼き」がおいしくて料理教室の帰りに材料を買い作りました。
子供も意外と料理をする事ができたので、これを機会に休日は子供と料理を作ろうかなと思っています。
作った4品どれも独創的で、しかも美味しくて感激でした。早速今日はミネストローネを夕食に作りました。
奥薗先生にお会いできて今回応募して本当に良かったと感じました。
子供は昆布をあまり好きでは無かったのですが、ミネストローネがとてもおいしくてびっくりした様子。
明日はお好み焼きつくりに挑戦したいと、やる気満々です。(中山さん)
常日頃から乾物をおやつとして食されている奥薗先生の話もすごく参考になりました。(萩森さん)
まず、奥薗先生にお会いできたのが嬉しかったです。
昆布の種類・使い方等が勉強になりました。たまたま頂き物のおしゃぶり昆布がたくさんあったので、早速細く切って、煮込みハンバーグのルーのトマトと一緒に煮込みました。もちろん、ハンバーグはお麩入りです。昆布の使い方に幅が出てきました。(岩屋さん)
育ち盛りの子供がいますので、健康に良い食材を使ったメニューなどを取り入れるようにしています。
こんぶ料理といえば、和風のメニューしか思いつかなかったのですが、今回作った
「早煮昆布のミネストローネ」は野菜もいっぱい食べられて、調味料も塩・コショウ・醤油しか使っていないのに、昆布の旨みとベーコン、にんにくなどがマッチしていてボリュームもあり、とてもおいしく食べられました。今まで、昆布はだしを取るだけだったので、一緒に小さく刻んで食べる事が出来るとわかり、より一層、昆布の栄養が取れるようで嬉しい発見でした。早速、家でも作ってみたところ大変好評で、今回の料理教室をきっかけに次男は、これからもお手伝いをしてくれそうです。(徳井さん)
大変勉強になり、とても楽しいひと時でした。
子供は、お料理を作ったり洗い物をしたりなど、普段したくてもさせてもらえない事ができて、楽しかったようです。
昆布は苦手だったけど、「どれも美味しかった」と大満足でした。(内山さん)
だしを取った後の昆布がそのまま味噌汁の「具」になるという奥薗先生の発想が、私にとっては「目からウロコ」状態で、早速その日の夕食に出したところ、家族にも好評でした。
普段の生活でなんとなく使っていた「昆布」が炊き込み御飯や洋風のメニューにも取り入れられることを知って、今後の料理のレパートリーも倍増!参加して、本当によかったです。
勿論、そのとき作ったお料理も大変おいしかったです。(寺田さん)
約1時間で4品完成!どれも素材の味を引き出した、野菜と昆布たっぷりのヘルシーメニューです。
●沖縄風梅昆布ごはん
●早煮昆布のミネストローネ
●ささみのととろ焼き
●納豆こんぶのお好み焼き

この4品のレシピは日本昆布協会の公式サイト「こんぶネット」「奥薗壽子先生のずぼらこんぶ料理レシピ」で、毎月1レシピずつ紹介していきますので、こちらもお楽しみに!
奥薗先生にお会いしてバイタリティの凄さに驚かされました。また、料理を披露しながら昆布の事をいろいろ教えていただき勉強になりましたし、他のお子さんと遊びながら料理を教える気さくさに、ますますファンになりました。 今までダシはつい市販の顆粒だしを使っていましたが、あんなに簡単にしかも昆布までまるごと食べられるなんてびっくりでした。
早速、お昼ご飯のお好み焼きは納豆昆布を入れ、夜ご飯は沖縄風梅昆布ごはんを子供とつくりました。主人にも大好評で、あっと言う間に炊飯器がからっぽになりました。又、昆布ネットでレシピを検索して色々な料理に挑戦していこうと思います。(三島さん)
今後もこんぶネットをチェックして、もっと昆布を取り入れたいと思います。子供もニンジンを切ったり、お好み焼きをひっくり返したりするのがとても楽しかったようです。(村上さん)
奥薗先生は、思った通りの明るくて素敵な人で、ますますファンになりました!
昆布を使った料理は、どこからこんなアイディアが生まれるんだろうって言うくらい、私たちには、思いつかないアイディア料理を作らせて頂いて、とても楽しかったです。又機会があればぜひ参加したいです。(上村さん)
社団法人 日本昆布協会 〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目1番3-1200 大阪駅前第3ビル12階
TEL:06-6344-0633 FAX:06-6344-0570 E-mail:info@kombu.or.jp